本日の結果

image.png

http://www.strava.com/activities/233652651

本日の作業

  • 城ヶ島公園に行く

発生した問題

  • 3日前の膝痛が未完治
    • ケツも痛い
    • 太ももの筋肉痛もまだ残っている
  • 後輪のスポークが折れた時の名残なのか、タイヤの振れが大きい
  • 気温が更に下がって出発時は0度以下。ウエストバッグに入れてたiPhoneが失神してた。
    • 寒いとよく止まるので、バッグの体側に入れてある程度温かくしてたつもりだがダメだった。
    • 残量50%からいきなり落ちるので原因は温度じゃないかも?帰ったらバッテリーリフレッシュする
  • iPhoneがこんな状態なのでナビとして使えず、その都度カバンから取り出して道を確認していたら何度も迷子になった
    • 帰りはナビ利用したらめちゃ捗った。0度時に外部バッテリー付きでどこまで使えるかテストしたい
    • iPhoneの寿命縮みそう

明日の予定

  • 500kmまであと50kmらしいけど、初日に頑張りすぎてあちこち痛いので達成した瞬間に家に帰りそう
  • ペース配分大事
  • 奥さんも「自転車でフラフラ出歩くの年内までだから我慢してる💀」と応援してくれている 😄

所感

全体的に楽しかった。
道も結構走りやすかったのと、半分観光地だったのでまた行きたい。

こないだの千葉と違って自転車乗りが多いのか、Stravaの区間が多かった。
すれ違う自転車乗りも多かったので楽しく行ってこれた。

家〜境川サイクリングロード

  • 7時に家を出たら0度だった
    • ただの防風手袋なので指先が痛い
    • スノボ用の手袋とか必要なレベル
    • またはハンドルカバー
    • フラットハンドル用なんて出てた。でも通常のより高い。
    • 足の先も冷たくて痛くなってた。ハーフクリップだし防風カバー的なのなさそう…。
  • 十日市場を過ぎたあたりに尾根幹みたいないい坂があった。霧が丘二丁目のあたり。
    • この辺来るだけでも楽しそう。好きな雰囲気だった。
  • その先の境川サイクリングロードも割と走りやすい道でよかった
    • しかし何度も車道や農道で分断されて一時停止しないと危ない。ジョギングの人も多いし道幅狭いし分断もあるしで、京王多摩川〜二子玉間の多摩サイと同じぐらいの微妙さではある。
    • 1箇所、車道下のスロープが階段付きなのもあって車道を渡りたくなる場所があり、よりによってその車道が広くて交通量もあるので結構危ない
    • 行きも帰りも自転車の人が渡るタイミングを伺ってた
  • 千葉の時より距離短いし余裕だろうと写真とったり寄り道してたら遅くなってしまった

湘南〜鎌倉

  • 藤沢駅周辺はプチ横浜みたいで住みやすそうだった。程々に揃ってる感。
  • 鎌倉の大仏は朝から外国の観光客が多かった。帰りに通った時は日本人客が多かった。
  • 歩行者が多いのでちょっと危ない
  • 大仏見るのは入館料必要だったので中まで入らなかった

由比ヶ浜〜横須賀

  • 江ノ島っぽさ(小並感
  • コジャレたカフェが多い。メニュー見ると大体ドーナツ、ベーグル、コーヒーあたりが書いてあった。
    • 穴の開いた小麦が大好きな民族
  • 相模湾越しに富士山がちらっと見えた
  • 自転車乗りも多い
  • 海沿いの道を走るが結構起伏がある。膝痛いので辛かった。
  • リゾート感のある店が多くて楽しげだった。めでたさを感じる。
  • 普通の建物も見てて楽しい。漁港とめでたさが混じっている。
  • 墓場とかなかったな。山の方にあるんだろうか。

三浦〜城ヶ島公園

  • 海沿いの道から一転して内陸になって退屈
  • しかもここでも起伏が多い。膝が辛い。
  • 痛すぎて途中のマツキヨでサポーター買った。効果の程は不明。

城ヶ島公園

  • 城ヶ島公園着いたら猫が多かった
  • 特に調べずにStravaの地図を見て端っこの方を指定しただけなので、事前情報なしで来ている
  • 今検索したら猫好きには有名なんだそうだ 城ヶ島の猫日記
  • 駐車場〜園内の駐車場寄りのエリアで猫がゴロゴロしてた
  • 江ノ島っぽさ(小並感
  • 公園自体は小さく静かな場所で売店もない。園内はトイレと自販機くらいしかない。天気がよく気温も上がってきていたので、上着を脱いでベンチで干していた。
  • 海見ながら持ってきた食料を食べる。帰るために食う。
  • 城ヶ島のwikipediaが充実していた。読み込んでまた行こう。

風光明媚な三浦半島の情景を凝縮したような景観で知られる、鎌倉時代以来の景勝地である。漁業、軍事、交通、文学に深く関わってきた多面的な歴史を持っており、大正時代に北原白秋の『城ヶ島の雨』(後述)が評判を呼ぶと、ロマンの島として全国に名を知られるようになった。
城ヶ島 - Wikipedia

#Festive500

Kazuhiko Maedaさん(@monoooki)が投稿した写真 -

実際いい景色だった。暖かいし。

帰り

  • 食後のストレッチして、自販機でジュース買い足して出発。膝の調子も良くなっていたので帰宅するまでの4時間休憩なしで帰ってきた。
  • 気温も上がりiPhoneに地図表示させて帰ったので道に迷わない
  • スマホ対応手袋なので移動しながら地図の位置を修正できる(Stravaはカーナビみたいに画面を追随させてくれない)
  • 行きの膝痛で踏み込んだりしてなくて体力が残っていたので、帰りに全部ぶっこんだ。
  • 3時間くらいで痛くなってきて青葉台くらいから実は辛かった 😭