https://www.strava.com/activities/814444822

Stravaを始めた2年前に、先に始めていた友達が「武蔵野サイクリング同好会(ログインしないと見れない)」という名前でクラブを作っていた。ユーザーも少なかったので浅草橋の人とか、初台の人とか、地域に関係ないリアルつながりの人だけが入っていた。

友達は本当に武蔵野の人と走りたかったのか、クラブの設定が public になっていて、そこに誰ともつながりのない調布の人がホイホイ入ってきてしまった。

謎の調布の人

調布の人は リッチー・ヨシナガ という謎の日系人のような名前(注1)で、はじめは峠に行ったり多摩サイを走ったりと、自分と似たような場所を走っていた。Stravaのアイコンもぼやけたミニクーパーみたいな写真(注2)で、自転車と車とアウトドアが好きな、普通の健康志向の人かな?くらいに思っていた。多摩サイなどの区間を見ると、当時の自分よりちょっと〜やや速いくらいだった。

注1: 最近本名に直していた
注2: 拡大すると和田林道完成記念碑であることがわかる

知らない人なので全く気にしていなかったが、自分の道具がSPDシューズになったり、evoに乗り換えたり、Zwiftを始めたりして都民の森のタイムがどんどん縮んで喜んでいたとき、クラブのところに目をやるとだいたい2位だった。というか2位のままだった。詳細を見てみると1位はリッチー氏。タイムが上がってそろそろ勝ったかな?と見ても2位。どうも同じペースで速くなってるらしい。こいつナニモンだよという目で見るようになった。

いつの間にかMIVROで走るようになっていた

リッチー氏は普段一人で走っていたが、いつの間にかグループライドをするようになっていた。ログのタイトルを見ると「MIVRO」と入っている。ググってみると百草園の上にあるお店のチームのようで、明らかに速い走りに変わっていた。百草園の上のお店は最速店長の超合金イワシマという人がやっている…という程度しか知らないけど、ログのdescriptionを見るとよくわからない英数字が記載されるようになった。他にも何かいろいろ伝授してもらっている様子が伺える。

MIVRO練として宮ヶ瀬湖を周回するようにもなった。宮ヶ瀬はFTRで何度か走っていて土地勘があるので、軽く試走すれば迷子にならないだろう、とFestiveの残り130kmをここで使うことにした。

山なので寒い

霜が降りたサンクス津久井宮が瀬店のベンチ
今年は暖冬傾向で、この日も昼には10度ちょっとまで上がる予報だった。ただ山なので寒いかもしれず、気温が上がるのを期待してちょっと遅めに出発した。が、予想に反して宮ヶ瀬すぐ下のサンクスまでずっと−1度で涙目。曇りがちで太陽が全然出てこない。冷えすぎて手が痛かった。

このサンクスは10年前もバイクラックがあったはずで、夏に行った時にこのベンチで休憩してる自転車の人を見た事がある(うろ覚え)。懐かしい。

宮ケ瀬ビジターセンター
canaffで来たときと同じ場所で撮影。

宮ヶ瀬湖の向こう側に見えるビジターセンター
ビジセンの反対側から。だんだん晴れてきて気温も上がってきた。

服部牧場
服部牧場。10年前はiPhoneも、外でGoogleマップを見る端末もなかったので、ツーリングマップル片手に適当に走るだけだった。ここの看板は見てたけど、すぐ横を通り過ぎるだけだったかも。

鳥居原ふれあいの館
鳥居原ふれあいの館、の裏側。ここは湖の北側に位置し、建物の裏手が南向きになっているのですごく暖かい。ベンチがいくつかあり、また建物内にも窓際にソファーが置いてあるので、冷えた体をここで暖めていた。

Googleのクチコミ にもあるように館内に食堂があり、カレーやうどんなどが食べられる。この日はそれに気づかずにおにぎりセットを買って日なたで食べてしまったけど、中でのんびり食べていくのも良さそう。バイクラックは無かったので、食べていく場合は写真右手に写ってる木製フェンスにくくりつけることになるかも?

食券は売店側で買う運用みたいでちょっとややこしい。あとレビューを見ていたら「土日はオギノパンの移動販売があることも」との事。さらにこの建物の名前は「ふれあいの館(いえ)」らしい。

宮ヶ瀬のFlyby
帰宅してFlybyを見ていたらMIVROの人がすぐ後ろを走っていた。個人練だったらしい。宮ヶ瀬って意外と遠いので、ここで3周は正直キツイなと思った(小並感)。

この日はStravaのタイトルにもあるように宮ヶ瀬周回というセグメントを頑張ってみようと3周(うち1周は試走)したんだけど、なぜかログに出てこなくて????ってなってる。一度ふれあいの館に入らないとダメなんだろうか。