Strava上のPeter Walker氏

Stravaを使っていて多摩サイ近辺を走っている人なら「Peter Walker」 というユーザー名に見覚えがあるかもしれない。名前は知らなくても「ax light」と書かれた黒いフレームのアイコンは知っているかもしれない。

なぜかというと、多摩サイ、尾根幹、小山田の他、都内のいたる所でKOM、もしくは10位以内に入っていて、Stravaで自分の順位を確認する時に嫌でも目に入るからだ。

最初は東八道路で知った

Stravaで遊び始めて間もないころは遠くに行けなかったので、近所の東八道路を走ったりしていた。
クソパンダの健康生活 攻めの東八 - クソパンダの健康生活

700mほどの平坦な場所で、道も広く、さらによく通る道で土地勘もあったので、「どれくらいの力で漕げばStravaの順位が上がるんだろう?」と試していた。こんな場所のタイムを気にする人なんていないので、おもいっきり漕いだら15位くらいになった。この時は自分の順位だけで満足していて「上のほうに黒いアイコンの人がいるな」くらいにしか見ていなかった。

多摩サイ(調布〜立川)の全区間に名前が出てくる

自転車に乗り慣れてきて、次に通いだしたのが多摩サイだった。Stravaを始めるきっかけになった友達がよく走っていて、真似して走るようになった。初めのうちは多摩サイの全体像を知りたくて、調布から入って北は福生の公園まで、南は羽田空港までを探索していた。

調布から南側は道が悪かったり、二子玉川で道が途切れてしまったりと不便に感じたので、少し距離が短い気もするけど調布から立川のグラウンドまでを走るようになった。多摩サイから帰宅して、Stravaの各区間を表示して、友達とのタイム差を見て楽しんだ。結構頑張ったのに全然追いつけてないな、あそこは追い風があったから1秒差だったな、という感じで見ていた。全体のランキングも表示して自分の位置を確かめたりしていた。

全体のランキング出すと、アプリでもWebサイトでも Top10 がまず表示される。ここでも黒いフレームに白字で「ax light」と書かれているアイコンをよく見かけて、Peter Walkerって名前だから外人さんか、あちこちでKOMになっててすごいな、と思うようになった。

深大寺の信号待ちで後ろについたことがあった

家から多摩サイに向かう途中、深大寺の坂の上の交差点で、先に信号待ちしている人がいた。S-Works Evadeの白をかぶり、白フレームのサングラスをかけて、青が少し入った黒いジャージを着て、黒い自転車に乗っていた。全体的に細身で、肌の色や質感から白人の人だな、と後ろから見ていた。

信号が青に変わるとすぐにいなくなってしまったが、帰宅した後に Strava Flyby を見ると、さっきの交差点で「ax light」の黒アイコンと重なっていた。あれが Peter Walker という人だったんだな、と知った。その日のコースを見ていて、どうやらご近所さんで、たまにうちの前も通っていることがわかった。

多摩サイを走るたびに「今日のランキング」に名前が出てくる

Stravaのアプリ 今日のランキング

いつだったかのアップデートで、Stravaのアプリに「今日のランキング」という機能が増えた。日付が変わるとリセットされてしまう仕様で、その日に同じ場所を走った人の一覧が表示されるようになった。

例によって多摩サイをよく走っていたが、ランキングの「今日」を開くたびに黒いアイコンが出てくることに気がついた。ちょうど The Paris-Brest-Paris Challenge をやっていた時で、自分は毎朝6時に起き、7時には家を出て50kmくらい走っていた。「こんなに毎朝せっせと走る人なんておらんやろ😁」と思っていたが、黒いアイコンの人はもっと早い時間に家を出て、長い距離を走り、しかもクソ速くてだいたい1位だった。さすがにどうかしてると思い始めた。

Flybyで狂気の走りを見る

似たような時間帯に同じような場所を走っていたので勝手に親近感が湧いて、「同じ時間帯ならすれ違ってもいたかもな」とその日のFlybyを見てドン引きした。

Peter Walkerの走り

関戸橋から立川の河川敷公園まで5往復もしていた。片道5kmなのでここだけで50km。朝から何やってるのこの人…。しかも、練習中はちゃんと車道を走っていた。

怖かったがStravaでフォローした

Peter氏の走行ルートと乗車頻度を知りたくなり、しばらくは思い出した時にプロフィールページを見に行っていたが、だんだん面倒になってフォローすることにした。

StravaはTwitterみたいにリスト機能がないので、アクティビティフィードに表示したかったらフォローするしかない。知り合いしかフォローしてなくて、一方的にチェックしていたい人は別にしたかったんだけど、なんかもう良いやと思って追加した。

フィードを見ていて、通勤で近所を走っていたり、調布飛行場横の道路でスプリント練してたり、尾根幹の先のスタバでお茶休憩しているのがわかった。風張峠にもたまに行っていた。
つい先月くらいは皇居や神宮前、大井ふ頭にも行っていて、意外な場所も走るんだな、バイクで行ったことあるけど走りやすかったのでそのうち行ってみようかな、とメモったりした。

それと同時に、先月くらいから「Last track meet for me in Japan…」とか「29 days left, not that I’m counting…」 というタイトルのライドが出てくるようになった。あれれ、引っ越すのかな?と思っていたが、それ以外に特に情報もなく、他のライドのタイトルもその日のトレーニングメニューばかりだったので、少し気になりながらも見ているだけだった。

明治神宮外苑と大井ふ頭のルートを走ってみた

家の近所の交差点

日曜日はパレスサイクリングで神宮と皇居が歩行者天国になるので、それに合わせて神宮に行き、皇居はいつでも行けるのでパスして、大井ふ頭に行くルートを作った。Peter氏は神宮の周回道路を10周走っていて、Jingu - 10 laps という区間が表示されていた。

Peter氏と自分の出発地点が近いので、せっかくならと同じ道を通るルートにした。Garmin Connect の地図機能が使いにくいので完全一致ではないんだけど、なんとなく似たようなコースを作ってでかけた。この日はなぜか朝の4時に目が覚めてしまったので、5時には出発した。

外苑でPeter氏を見かける

明治神宮外苑

早朝の都心は気持ちいいですなァ〜と気分良く進み、外苑についた。まだ6時前で、人も車もなくとても静か。たまにタクシーが通るくらい。ここは時計回りの一方通行なので、キープレフトすると外側の道に出てしまいそうになる。以前来た時は一番内側を走ってる人がいて、ちょっと落ち着かないけど内側走らせてもらおうかな…どうしようかな…とフラフラ走っていたら、見覚えのあるS-Worksの白メットが追い越していった。

多分あれPeterさんやで! と全力で追いかけたがすぐに引き離されてしまい、自分が何周走ったのかわからなくなりながら必死に追いかけていたらもう一回追い越されてしまった。結局よくわからないまま15周走り、ヨボヨボと大井ふ頭に向かって移動した。

久しぶりの大井ふ頭

大井ふ頭

FTRに乗っていた頃は大井ふ頭にもよく来ていた。お台場から羽田空港に抜ける道が好きで、その途中で城南島や京浜島の公園に行ったり、埠頭の中をウロウロしたりしていた。着いたのは7時半ごろだったが、自転車の練習をしている人が数人ほど走っていた。

人も車もいないし、信号はだいたい青だし、道も広いし、埠頭も気持ちいいですなァ〜と優雅に走っていたら、またS-Worksの白メットに追い越された。

多い埠頭に現れた Peter Walker

おい!!!!またPeterさんだよ!!!

全力で追いかけたが角を曲がるたびにどんどん小さくなり、そのうち見えなくなってしまった。埠頭のルートも頭に入ってなかったので、チーム連してる人の後ろについて道を覚える方に専念し、この日は終了した。帰宅後にFlybyを見ると、やはりあの黒アイコンだった。

翌週も大井ふ頭にでかけた

品川の車両基地 大量の新幹線(700系)

前回は埠頭に行くまでのルートがいい加減だったので、改めてPeter氏のルートを確認し、Garmin Connect で丁寧に作った。その時に気づいたが、「10 days to go…」 というタイトルのライドが6月16日に上がっていた。コメント欄で John T という人(この人もすごく速い)とやり取りしていて、「引越し先にもいい丘があるといいね」と書かれていた。

やっぱり引っ越しちゃうのか…フォローして追い始めたのにさみしいな、せめてPeterさんが走ったルートを覚えて、どんな強度で走っていたのか知っておきたいなと思い、新しい地図を使って埠頭を目指した。

外苑も寄ってみたが、この日は誰も走っていなかった。家を出た時間もちょっと遅いし、今日は湿度も高いし、そうそうこっちの方に出てこないのかもな、と思いながら大井ふ頭に移動した。

Peter Walkerを追いかけるFlyby

埠頭に到着し、公園前のあたりをブラブラ走っていたらPeterさんに追い越された。でっ、出たな Peter Walker! 今日こそついていく! と必死に追いかけたが、やはりジリジリ引き離されていき、信号待ちで完全に分断されてしまった。絶望的に速い。どれくらい速いのかというと、

  • 長いストレートやし、一時的にパワー上げれば追いつけるやろ → 引き離される
  • 向かい風だ!あえてここでパワー上げて追いついてやろう → 引き離される
  • 追い風さえあれば俺だって! → 引き離される
  • こんなペースで1周走ってもう力が出ない… → ペースが落ちずに引き離される
    • しかも Flyby 見てたら5周目だった。無理です!

大井ふ頭で記念撮影 Cannondale SuperSix Evo
疲れたので公園で休憩した。

大井ふ頭で走りまくるPeter Walker
撮影してたら Peter さんがシューッと通り過ぎていった。何周走る気なんだこの人…(10周くらい走ってた)。

休憩後にすこし走り、2回めの休憩でジュース買おうとしてたらちょうどPeterさんも自販機にやってきた。白いEvadeに黒い自転車、フレームには「ax lightness」と書いてある。 あのアイコンの自転車だ!俺にとってのヒーロー…。俺のヒーローが!今、まさに!目の前で!ジュースを買う小銭が出せずにもたついている!

先に小銭を出していたのでシュッと買って、すぐ横で買い終わるまで見ていた。ヒーローも同じジュース買った…!(スポドリは1種類しかない)

🐼 Hey…
👨 ?
🐼 Are you Peter Walker?
👨 …Yes!

止まってる Peter さんは激レアなので話しかけてみた。Stravaのプロフィールページを出すと、先週のライドに Kudos していたせいか知っているような感じだった。

Peter さんは日本語も喋れたので、お互い日本語と英語混じりで少しお話しした。普段は多摩サイ走ってるよとか、先週は神宮と大井ふ頭で追いかけてたよとか。「来週ベトナムに引っ越すよ」と言っていた。ベトナム!?お仕事もめっちゃ気になるわ…。「今日が大井ふ頭のラストランだよ」とも言っていた。ラストラン!すごいタイミングで居合わせた!

記念撮影をして、固い握手をしてお別れした。「お気をつけて」「そちらこそ!」

ドクターイエロー

帰り道も Peter さんのルートを使ってみたが、途中の車両基地でドクターイエローを見つけて一人で大喜びしていた。今日はいいことばかり起きる。

記念撮影した写真とこのスクリーンショットが宝物だ。


日本滞在最後の週は雨が多く、大井ふ頭以降は外で走れなかった。週末は天気が回復し、Stravaを見るとPeterさんが多摩サイや尾根幹を走っていた。出立の日にも友達とV坂、尾根幹、多摩サイを走っていたようだ。

Thanks for all the good times… | ライド | Strava

Stravaのタイトルと文章、走った場所を見てひとりで感動してしまう。日本に来て11年(自転車に乗って11年?)、周りのライダーに刺激されてここまで来たよ!と書いてあり、吉祥寺のCWSの名前もあった。Stravaスコアも高くて最後まで容赦無い。「次はZwiftで」みたいに書いてあるので、これからはWatopiaで追いかけるのが楽しみ。