タイトルがハリーポッターみたいである

本日の作業内容

  • 自転車で高尾山まで行く
  • 徒歩で高尾山に登る
  • 自転車で高尾山から帰る

発生した問題

  • 帰り道に信号待ちしてた母子の子の方に「あっこれ競争する自転車だ!」と言われて思わず「そうだよ!」と言ってしまった
  • 乗っているのはママチャリである

明日の作業予定

  • 子どもと遊ぶ、他

所感

  • 9時半頃家を出て、いつもの多摩サイを通り、途中の日野バイパスに乗って高尾山まで行った
  • 半分弱が多摩サイだからか平均速度が上がってた
  • 高尾山口駅に無料駐輪場があるのでありがたく使わせてもらった
  • 登る前にオニギリを1個食べた
  • 高尾山のコースは大きく分けて2つある 高尾山登山コース | 高尾登山電鉄株式会社 公式サイト
    • リフト、ケーブルカーで行ける1〜4号路:割と道が整備されている
    • 最初から最後まで全部徒歩の6号路、稲荷山コース
    • (5号路は山頂付近のみ)
  • 一番楽しい稲荷山コースで往復した
    • 稲荷山コースは小学生の頃遊んでいた場所とそっくりなので好き
    • 夏よりも秋冬の寒い時期に、給食に出たみかんを持ち帰って山で食べたりしてた
    • 道のない茂みとかによく潜んでいた
    • 写真 2014-12-13 12 10 17.jpg写真 2014-12-13 13 21 15.jpg
    • 整備されている方は土産屋や茶屋、寺(薬王院)などがあり、それなりに楽しいが物足りない
    • 6号路は滝のそばを通るので、修行僧が見えるかも?と案内板に書いてあった
    • 苦労すれば徳が高くなるのか
    • ぬるま湯でも徳が高くなる工夫をしたい
  • 行きはちょうど目の前に速いペースのおじさんがいたのでついて行った
    • 稲荷山コースの登頂目安は90分(年寄り向け)だったが、45分で登れた
  • 頂上でオニギリ2個目を食べた
  • 頂上こんな感じ

    富士山が見えそうで見えない

    Kazuhiko Maedaさん(@monoooki)が投稿した写真 -

  • 体力に余裕があったので、帰りは走ることにした
    • 山を走る競技はトレイルランニングというらしい トレイルランニング - Wikipedia
    • 自転車で使っている靴が実はトレランシューズなのでちょうどよかった
    • ということで帰る

      Kazuhiko Maedaさん(@monoooki)が投稿した写真 -

    • 7年くらい履いてるし最近は自転車のハーフクリップに無理矢理突っ込んでるのでボロボロになってきた
    • 走って降りたら行きより10分短縮できた
    • さすがに疲れた
  • 帰りはほどほどなペースで帰宅
  • 今もコーヒー牛乳を飲み続けている

貧保耐三の服とは

  • 今回は使わなかったが、冬装備のひとつとして購入したウインドブレーカーがある。
  • 柳沢峠に行った際、普通のウインドブレーカーを着ると暑い、しかし前を開けると腹が冷えて寒い(外気が冷たすぎる)という状況になり「袖なしウインドブレーカーがあればいいのでは?ついでに背中が蒸れるから前だけ防風だったら良いのでは?」と思いついた
  • リサイクル屋には流石になかったのでAmazonで探したらあった。
  • 価格は1500円。買ってから2週間くらいで中国から直接届いた。
  • 前面はナイロン、裏面は全部メッシュ
  • メッシュが薄くて、着たらこういう気分になった
  • 20140228200835.jpg