行く直前まで何のイベントなのか知らなかったのだけど、Twitterのタイムラインで誰かが「Make行きたい」と書いていて、サイトを見てみたら電子工作のお祭りだったので「こりゃ面白そうだ!」ということになり見てきました。

まずは西9号館2Fの展示を鑑賞。こちらはメディアアートの展示が多かったようで、不思議なものがたくさん展示してあった。パッと見て分からないものが多いので、片っ端から話を聞いて触らせてもらった。マリオの10コインブロックでしっかり1UPしてくるなど。flashとかprocessingが多いね。


携帯百景(ケイタイヒャッケイ) 携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

3Fではテスラコイルで曲を奏でる展示がいちばん注目を集めていて、調整中の時でも人だかりができていた。音がすごいし選曲も良かったから、自分も人垣の隙間から覗いたりした。
別の部屋でニコ生の現場を見学したり、ミクが表示される自転車を見たり、wiiリモコンで星座を描いてみたり、ワンパク+DNPの展示で東北の方に「毛」と書いてきたりなど。

ワンパク+DNPのは博物館なんかに置いてありそうな雰囲気だった。科学未来館とか似合いそうだ。


メイン会場
こちらはメイン会場の方。好きでやってるんだー!という空気がたまらない。端からずずいーっと全部見てまわった。

ニコニコ技術部
ニコニコ技術部ブースがいちばん大きかった。謎の技術が多い。ニコニコだけにミク関連のものが多く、あの楽器も展示してあった。

透明標本
透明標本も人気で人だかりができていた。標本は魚が多かったが、よく見るとカエルや鳥の雛もあった。ポスターにはカメレオンの標本が出ていたので、そんなのもあるんだろう。
以前どこかで見たような気がして思い出してみたら、原研哉デザイン展で図鑑を見た・・・ような気がする。図鑑もダイナミックだったなぁ。

戦利品
ということで戦利品。メイン会場入口でロンT一枚と、ガチャガチャ一回、あとTokyoHackerSpaceでバッジを作って買ってきた。Makeのステッカーは入口に置いてあったアンケートに答えたら受付で貰えた。ロゴかわいいよね。

バッジは穴あけパンチのような道具でガチャン!とやるだけだったので、その内自作したいなぁと。その時はこのサイトを参考にしよう。

缶バッヂ自作支援-「CanバッチGood!」について

http://www010.upp.so-net.ne.jp/catwalk/barby/good.htm