不在票がポストに入っていたので再配達の依頼をしようと思って紙を見ていたら、再配達の方法が

  1. 24時間自動受付
  2. 社員による受付
  3. インターネット再配達受付
  4. 窓口でのお受け取り
  5. 郵便またはファックスによる再配達受付

と、5通り選べた。「2番目、社員か…」としみじみ思いつつ、ネット再配達受付が面白そうだったので試してみた。URLが大きく書いてあるので開くと、日本郵便のトップページだった。トップの右側に再配達の大きなボタンがあったのでクリック。民営化してからのサイトは文字やボタンが大きいので使いやすい。

配達のお申し込み受付のページからはシステムになるので、微妙に雰囲気が変わり、プログラマーが作ったような感じになる。上から順に入力していく際、不在票のお知らせ番号が「任意」になっていたので空欄のまま進めようとしたら、「郵便物等お預かりのお知らせ」に記載されているお知らせ番号を入力してください。と怒られてしまった。

配達のお申し込み受付

よく見たら任意なのは「お問い合わせ番号」だけで、「お知らせ番号」は郵便物等お預かりのお知らせ」に記載がある場合は必須となっていた。お問い合わせもお知らせも一つのかたまりだと思ってたよ…。

じゃあ記載のない場合はどんな時なのかな?と思い、下のラジオボタンを全種類試してみたら、どれを選んでもエラーが出た。もう必須アイコン付けちゃいなよ。