「根岸の里の侘び住まい」と書かれたメモが出てきた。下の句に「根岸の里の侘び住まい」を付ければ、それなりの句になったことで知られる言葉らしい。メモを取ったのはデザインの輪郭 - 深澤直人だった。カメラマンの人だったかが俳句も詠む人で、上の句を「俳句のジョーク」と言って紹介してた気がする。

そのうち何処かで使えそうだと思ったので、もう一度メモ。

その下に「ブログの読み方/一気読み」と書いてある。これは上の本と関係なく、気になる人のブログがあったら開設した最初の日から追って読むと、その人の気づきや成長も一緒に見られて楽しいよ、という意味だったと思う。一気読みって結構面白いんだよなぁ