ユニバーサルHTML/XHTML
Web標準の教科書

を先日購入して読んだ。
先に発行日が古いからという理由でユニバーサルの方から開き、ああ…なんとなく知ってることだよね…と読み飛ばしながら読んだ。
その後Web標準の方を読んだら似たような事が書いてあるだけだったので、読んだ、というより見た、という状態でAmazon行きになった。途中からリファレンスみたいになるし、教科書なら教科書、リファレンスならリファレンス、ハック本なら(略)と分けてくれてた方が個人的には良かった。

内容が内容だけにどれもWEBで調べられることばかりなので、今まであちこちでつまみ食い(つまみ読み?)してた自分には物足りなかった。
神崎さんの方はそのうち読み返したいけど、今回の買い物は若干失敗気味。