この2着を試着した。
POWERAGE チェイサージャケット(¥24,990)
RSタイチ DryMaster STRETCH パーカー(¥22,050)

実際に着て運転したのはPOWERAGEの方。
メッシュの上にゴアウインドストッパーを被せて着る奴だったけど、それ自体はただのウインドブレーカーだったので冷たくて寒かった。プロテクターに慣れていないので、ちょっとゴツゴツして運転しづらく感じた。
RSタイチの方は、着たらスノボウェアみたいな感じ。機能的には今もってるAIGLEのマウンテンパーカとほとんど変わらない気が。違いはベンチレーションの有無とプロテクターの有無くらい。
プロテクター着けれるのはちょっと憧れる。どちらも着た感じはかっこよかった。POWERAGEの方のプロテクターはマジックテープで固定するタイプ。プロテクターは固めの奴。RSタイチの方は柔らかくて着けてても見た目は変わらないので、普段着にもそのまま使えそう。
山着だとベンチレーションやプロテクターが無いし、結局「普段着にも使えるバイクメーカーのウェア」が最適解なのか。似たようなパタゴニアナイロンパーカが定価3万なのを考えると、2万前後が相場のバイクジャケットの方がよく見えてくる。悩ましいぜ。