任意のファイル、パーティション、デバイス(ドライブ?)を暗号化した仮想ドライブにして、使いたいときだけマウントするソフトらしい。公式サイトが落ちているのか見えないので、使い方を理解するのに時間がかかった。
以下、自分用メモ。

  • USBメモリ内のファイルをマウントしたとき、マイコンピュータに「USBメモリ」と「USBメモリ内の仮想ドライブ」の両方が出るのは仕様っぽい。
  • トラベラーモードはマシンの管理者権限がないと使えない(マウント系はこういうのが多いとか)
  • 隠しボリュームの方を出したいときは、マウント時に外殻用のパスワードを入れる代わりに、隠しのほうのパスワードを入れる
    スラドではこんな風に使ってる人もいた。
  1. USBメモリ全体を暗号化。
  2. そのキーファイルをHDDに。
  3. HDD上にファイル方式の暗号化ドライブ。
  4. USBメモリ内にそのドライブのキーファイル。
    参考
    暗号化仮想ドライブ作成ソフト Part3
    USBメモリでポータブル(Portable)できるツールPart2