今日は朝から阿佐ヶ谷に用があったので、行く前に図書館で予約しておいた経済ってそういうことだったのか会議を借りてくる。2時間くらい時間が空いたので、駅前のサンマルクカフェで読書。面白くて一気に半分くらい読んでしまった。150ページくらい。Amazonには文庫本の方が出てきたけど、借りてきたのはハードカバーの大きい奴。

どこかのブログで紹介されてて、あまり詳しく見ずに面白そうだなーと思って借りてきたので、読んでる最中に驚くことがあった。対談形式で文章が進む中、筆者の相手役として登場する経済学者の名前が「竹中」だったのだけど、写真をよく見たら「竹中平蔵総務大臣」だった。

わかりやすい本で、まさに「そういうことだったのか!」と言う発見が多いので、2度読み決定である。