靴の手入れ

梅雨真っ盛りで革のブーツはしばらく履かないだろうと言うことで、軽くお手入してから保管することにした。
基本的に
・ブラシで汚れ落とす
・クリーナーで汚れ落とす
・クリームで栄養補給
・防水スプレー塗布
という流れで、風通しのいいところに保管せよと。下駄箱や押入れは風通しが悪いので乾燥剤を忘れずに、とも書いてあった。適当な箱につめて押入れに突っ込もうとしてたので、まずは乾燥剤を探さねば・・・。

上のサイトで印象的だったのは、

*日本は欧米に比べ、湿気が多く高温で、カビの発生しやすい風土です。
緯度で比べたら、パリやロンドンは北海道より北の樺太辺りですし、
日本は地中海とほぼ同じ緯度にあります。
そんな風土の違いからいえば、日本には靴より下駄や草履が適しています。
スーツよりも、甚平やTシャツが適しています。しかし社会生活上はそうもいきません。
日本では食べ物や衣類もそうですが、皮革製品の保管にカビ対策が必要です。
と言うところ。地中海とか言われるとなんか納得してしまう。気候に合ったやり方が一番ですな。